初心者にはわからないポスレジとは何か?

「ポスレジ」とは、ポスシステムという仕組みを採用しているレジスター機能のことを指します。ポスレジ単体で導入すると言うことはほとんどなく、総合的な機能を全て導入することで使用することが出来るものです。初心者にとっては、「POSレジがどういうものか分からない」という理由で導入を見送ってしまうこともありますが、しっかりと機能について理解してしまえば「非常に便利なシステムである」と言うことが分かります。非常に大きなメリットがあることが大型飲食店やコンビニ、スーパーなどのほとんどが導入している理由です。まずは、POSシステムとはどのようなものか、そしてPOSシステムを導入することでどのような効果・メリットが期待できるのかという点を理解してしまいましょう。

ポスレジで出来ることとは何か?

POSレジに限定して機能を説明する場合、基本的には「通常のレジ機能」を備えています。会計処理をするために必要な機能は一通りそろっていますが、単に会計処理をするだけであれば手打ち式のレジでも大きな違いはありません。しかし、POSシステムには「バーコードを読み取るだけでデータを取得できる」という特徴がある為、注文~会計までの一連の流れにおいて人が知識を持ってして対応しなければいけない瞬間が減ります。飲食店であれば「注文を受ける」という状況においてハンディ操作を覚えなければいけませんが、レジ操作に関しては「バーコードを読み取る」と言うだけで請求金額が分かります。そして、会計処理を終えると「即座に販売データがシステム上に保存され、分析が可能な状態」になります。

メリットを把握して導入することが大切

コンビニやスーパー、飲食店などを含め、基本的に企業において「数字管理」は重要です。計数管理をするうえで必要な「データの取得、分析」を人力で行う場合には大きな労力と時間が必要になり、専門部署を設けなければ対応できないことも少なくありません。個人企業であればそこまでする必要はないですが、オーナーや責任者が人力で対応するコストを考えれば非常に大きなものになってしまいます。しかし、POSシステムを導入すると「即座にデータを収集・管理が出来る様になる」ため、簡単なパソコン操作のみで一日分~数年分の販売データを管理することが出来ます。その結果、日常の計数管理の労力が削減できるのはもちろんですが、さらに「的確な分析によって販売戦略を立てやすくなる」というメリットが期待できます。