ポスレジで得をした内容を知りたい

POSレジは情報をリアルタイムに閲覧する事が出来るレジシステムです。例えば、飲食店などでは注文を行う時に、店員が利用する専用端末でお客さんからの注文を受ける光景を目にする事があるかと思われますが、この専用端末は無線LANなどでインターネットに接続が行われていて、レジシステムに情報が転送されています。店員が受けた注文は、そのまま調理場に転送されるので、店員はその都度調理担当者に注文内容を伝える必要が要らなくなります。更に、注文を受けると同時に集計が行われているため、お客さんが食事を終えた後に会計書をスピーディーに行う事が出来る、レジ操作でお客さんを待たせなくて済むと言うメリットもあります。注文やレジ操作などの業務工数を削減する事が出来るので、従業員への負担を軽減する事も出来ます。

居酒屋店でも導入するお店が増えています

居酒屋店はお酒を中心としたメニューを提供するお店ですが、お酒に合うおつまみメニューを数多く取り揃える事でリピート客が増えるなどの理由からも、メニューの量が多くあるのが特徴です。一般的な飲食店と比較すると、1つのテーブルからの注文数は数回に分けて行われるケースが多いので、その都度従業員は接客を強いられる事になります。しかし、システムを導入すると同時に、メニュー用の専用端末を導入する事で注文を取ると同時に売り上げが計上されるようになります。紙の伝票に注文を書き入れた場合、会計処理をする時には伝票に記載されているメニュー価格を入力しなければなりませんが、ポスレジに接続された専用端末は注文を受けると同時に集計処理が行われるので、従業員の工数削減にも繋がります。

スーパーではポスレジを導入しているお店が多い

ポスレジはスーパーで導入され、カスタマイズした形で色々な業種に広まったと言った特徴があります。スーパーでは商品にバーコードを取り付け、レジ会計を行う時にはバーコードを読み取ってレシートに金額や商品名を印字する事が出来ます。バーコードリーダーを使う事で、商品に付いているバーコードを読み取り、価格情報を管理しているデータベース内で検索を行い、価格をレシートの印字する流れになりますが、バーコードを読み取った時点で、売り上げが計上される在庫管理用のデータベースから購入した数がマイナスされると言う仕組みもあるため、売り上げと同時に在庫数をリアルタイムに確認する事が出来るようになります。更に、在庫数が一定量を下回った際に、自動発注を行うシステムを導入しておけば、業務工数を削減する事が出来るようになります。