ポスレジでどのように活用するかの説明

ポスレジとは商品の売買を行うレジの機能だけではなく会計や経理機能、データ収集などを行える機能があるレジのことをいいます。このレジを活用すればレジ締めの作業を自動で行うことができるほか、度の時間帯にどんな商品がどれくらい売れたかなどもデータとして把握することができるため商品の仕入れなど店づくりをよりしやすくなるというメリットがあります。手入力ではなく自動で行うため打ち間違いによるご入力やレジスタッフの不正防止にも繋がります。商品一つ一つの金額を覚える必要がないためレジ初心者でも利用しやすくベテランのスタッフによる指導時間を短縮することができるという魅力もあります。効率的にお店を回したいと思った時に検討すべきアイテムの一つと言えるでしょう。

ポスレジとキャッシュレジスターの違いについて

従来の一般的なレジはキャッシュレジスターと呼ばれ、金銭のやり取りを主に行います。商品の金額の入力はバーコードを使用することが大半ですが新商品などはまだまだ人の手入力が必要な場合も多くあります。POSレジはそんな作業を減らすことができるレジです。顧客との金銭のやり取りだけではなく、ネットワークにつながったレジとなっているためリアルタイムで情報を確認できるというメリットがあります。チェーン店の場合では支店の情報も一緒に管理することが出来るので全体の売り上げを簡単に把握することが可能です。天候や時間、性別や年齢などの情報も同時にデータにする事ができるため状況にあった仕入れをすることができ、売り上げの改善を図る事ができます。経理のデータも扱えるためレジ締めの作業も短縮することができます。

ポスレジの機能と活用方法について

このレジはデータ収集や経理機能の他にもメリットがあります。ネットワークを利用して管理者が一括してすぐに新商品の情報を更新できるため販売スタッフがその都度価格を覚える必要がなく、新しいスタッフが入った場合でもすぐに対応しやすいレジとなっています。セールやキャンペーンを行うための準備を減らすことができるので販売スピードをあげるのにも活用できます。レジ担当者の使用ログが残るシステムとなっているためいつ誰が作業を行ったかすぐに判るため不正防止やセキュリティ対策をするのにも活用できます。手入力による単価のうち間違いがなくなるためご入力によるクレームを減らすことも可能です。データを利用して顧客属性を分析した店作りだけではなく、在庫管理や会計の面でもサポートしてくれるレジですので活用してみてはいかがでしょうか。